寄木細工

  • 東館2F
  • 寄木細工
寄木細工は、江戸時代後期に箱根山の畑宿で生まれました。

初期は乱寄木や単位文様による細工が主流でしたが、明治時代に静岡方面の寄木技法がもたらされ、これが今日の連続文様構成の小寄木として確立されました。

国内唯一の産地である箱根の寄木細工は、緻密な手工芸の技法によって広く知られています。中でも「ひみつ箱」はからくり箱として世界的に有名です。

当館2階ではそんな寄木細工商品を多数取り揃えております。
寄木細工
Topへ戻る